妥協せざる人々

映画館に観にいった映画についての感想文。

ドグマ・不純の誓い
―于颪辰娠撚茲亡脅佞靴燭
⊂暖饉圓箸靴討領場を明確にするぞ
1撚茣嫋泙竜_颪浪真佑砲睚薪であれ
け撚茲呂燭世修譴世韻農斬なんて持ち込むな
ケ撚茲乏壁佞韻鷲要ない
ι埔鰺な文章で失笑を買え
他人の価値観からの脱却を図れ
╋欧覿欧訖様佑竜せちを逆撫でてみろ
ナンバー・ワンではなく、ロンリー・ワンを目指せ(泣)
“映画好き”を自称しつつそれを貶める人間に憧れろ(号泣)


<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
お詫び
ただいま、個人的な理由により映画鑑賞が困難となっております。テレビ放送、あるいはビデオグラムなどでは鑑賞しておりますが、映画フィルムと劇場スクリーンがあってはじめて映画鑑賞が完成するという考えの下、当ブログのテキストは、劇場での鑑賞作品の感想に拘らせていただきたいかと存じます。暫しお待ちいただければ幸いです。
お知らせ
おかげ様をもちまして“未公開または書きかけ”のテキストが100を越えました。観たこと自体忘れている作品も少なくありません…。こんな僕を許してください。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
プロフィール
きびだんご
映画館で映画を観るのが大好きです。意味も無くワクワクしてしまうのです。でも映画に点数を付ける人は大嫌いです。てゆうか、あの星四つと、この星四つの整合性を考えると夜も眠れません。あれっ、自分自身も日々変化しているし、映画もひとつの価値観・視点じゃないよな。じゃそういう評価は無理だね。ましてや系統だてるなんてなんのことやら…。映画を愛するのか、愛する振りして憎むのか、それとも単に暇なのか。なーんちゃって。文中の固有名詞についての説明はほとんどしませんので、あいすみませんがご自分でお調べになってくださいませ。ということで既に作品をご覧になられている方向けかと存じます。さぁ、飛ばすぞ。あわわ。ガラスの40代。